西巣鴨ブルースプリング

上海→香港→東京→香港を経てようやく帰国!第2章東京編開始!

2014年09月の記事

北区伝統工芸展

会社の同僚とかなり渋いイベントにいってきました。

彫金、とんぼ玉、熊手、凧、浮世絵などなど、北区には伝統工芸の職人さんがたくさんいらっしゃるんですね~
それで年に一度開催されているらしいです。
それぞれ体験コーナーがあり、有料ですが簡単なものを自分で作成できるので、来場者もけっこう多かったです。

私はお目当ての友禅の色付けに挑戦!!

DSC_0035.jpg
職人さんがやり方を教えてくれます。
塗り絵・・・と思いきや、布に色をつけるのはけっこう難しい。滲んでしまうんですね~
友禅では、色が足りないよりも、色がはみ出るほうがダメなんだって。だからちょっとずつ内側から塗っていきます。

私が色付けしていると、後ろを通り過ぎる人が「あら~綺麗ね~」とか言ってくれるので「ふふん♪」って感じだったんです。
が・・・・・
最後の最後、綺麗に出来上がった~!!と思ったとたん、隣に座っていたおばちゃんの腕がどんっ!!って当たり、ぐしゃっ!と前のめりに、、、

そして完成品
DSC_0033.jpg
右上の葉っぱのとこ~><
せっかく綺麗にできたのに、、、最後の最後でイカレテもうた。
涙ちょちょぎれそうでした。
私があまりに泣きそうなので、職人の師匠が「大丈夫、あとで綺麗にしあげるから」とフォローしてくれましたが・・・・

仕上げをしてもらい、完成品は3週間後に郵送で届くそうです。
綺麗になってるといいな・・・

にしても工芸展自体は楽しかったです。
和の物って心そそられます~
もう友禅に弟子入りしたいくらい。そして今度こそちゃんと綺麗なのつくりたい
スポンサーサイト

三國シェフのお店

フレンチの巨匠と呼ばれる三國清三氏をご存知でしょうか。私もテレビで聞いたことあるレベルだったんですけど、今日はその三國シェフがオーナーを務める「オテル・ドゥ・ミクニ」でランチです☆
お店は四ツ谷の閑静な住宅街にある一軒屋。
四ツ谷って初めて行ったんですけど、日本とは思えないタージマハルみたいな建物があってびっくりした・・・(迎賓館でした)
学習院の初等科も近くにあって、いかにもな紺色の制服を着たお嬢ちゃまを見かけました。なんだか由緒正しい感じがする・・・
DSC_0212.jpg

前菜の前の前菜。ベーコンとオニオンのキッシュ。ぷるぷるです。
DSC_0214.jpg

ホワイトチョコかとおもったらパンにつけるバターだった!笑 
DSC_0215.jpg

牛蒡のポタージュスープ。の上に、あわ立てたミルクと七味がのっている。そして具には貝柱も入っている。
独創性がすごい。
DSC_0216.jpg

メインは「魚の血の池地獄スープ」
・・・ではない。
「メダイとスズキのグリル&パプリカ入りリゾット 紫芋ソース」です。
こんな料理かつて見たことない!独創性がすごい(二度言う)
紫芋だけにちょっと甘めのソースですが、魚に塩が効いているからちょうどバランスいい感じで美味しかった。
DSC_0217.jpg

オレンジのフロマージュ。これはデザートじゃなくて「チーズ料理」のカテゴリになるそうです。
チーズのコクとオレンジの酸味がマッチ!そして器もかわいい。
DSC_0218.jpg

デザート。柚子のムース(上)、紹興酒のアイス(右)、そしていちじくタルト(左)。
どれも美味しい!!
DSC_0219.jpg

こちらにコーヒーと小菓子がついて約4,000円のコースでした。
目にも鮮やか、そして「何これ!?」という驚きが楽しいお料理でした。ご馳走様~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。